へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

騙されないように 

http://allatanys.jp/B001/index.html

に面白いコラムが掲載されていた。

日頃、数字に騙されていることも多い。
臨床試験をはじめ研究結果の報告も同じである。
読み手が注意しないと騙されてしまうことも多い。

コラムで取り上げられているような、微笑ましい話しならいいが、臨床試験の結果は影響の度合いが大きい。

報告する側が騙したりしないことがもちろん重要だが、騙されないように多くの人が目を光らせることが必要なのだろう。
TOPへ

スポンサーサイト

DMWL 

昨日紹介した本の要点①

DMWLを目指すこと。

DMWLは、Doing More With Lessの略。
つまり、「小さな労力で、より大きな成果を得る」を目指すこと。

そのためには、

自己投資を続け、自分の価値を高めることである。

DMWLによって得られたプラスの時間は、さらなる仕事に費やす、自己投資によってさらに自分の価値を高める。

これを繰り返すことによって、飛躍的に成長する。

何事もゴールを決めて、動き出すことである。
すぐに始めることである。
ゴールの設定に悩むことはない。
ゴールはいつでも変えればよい。
悩んでいる時間は無駄である。
始めたものが成功する。
始めれば作業興奮によって、やる気が起こる。

ゴールを設定した後は、長期目標、中期目標、短期目標を設定する。
10年後、5年後のなりたい自分を明確にする。
そして現在とのギャップを埋めにいく。


本の選び方

目的をもって本を選ぶ。
そして、必要なところだけを読む。

読むときは、目的をもって読む。
そうすることで、目的に対して、必要な情報が目に入る。
(カラーバス効果)

制限時間を設定して読む。
追い込まれると力を発揮できる。

全体を俯瞰して読む。

読んだらアウトプットする。
そして、アウトプットを読み直す。


続きは次回。



TOPへ

座りすぎ注意 

座っている時間が長いほど寿命が短いことを示唆した研究結果が報告されたとのニュースをみた。

BMIや喫煙などのリスクファクターで調整しても、長時間座っている人の死亡のリスクが高いとのこと。

長時間座ることと関連している因子はいろいろあると思うが、長時間デスクワークの仕事をしている身としては、気になる研究結果である。

足の筋肉を動かすことによって、さまざまなホルモンが出るらしく、そのことも関係している可能性があるかもしれないとのこと。

デスクワークしながら、足の筋肉に刺激を与える動きを考案し、いろいろホルモンでも出すとしようか。
TOPへ

ポジティブ・シンキング 

ポジティブ・シンキングを進める人は多いが、
進めるからには、その弊害を知っておくべきである。

ポジティブ病の国、アメリカ


TOPへ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。