へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

面接の心得 

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 11/17号 [雑誌]はアピール特集。

この中で「新卒採用担当者」がチェックポイントを紹介している。
これは就職活動をしている人は、大いに役立つだろう。

採用担当者は何を見ているのか。
学生時代に何をしたかではなく、「動き方、取り組み方」を見るという。

そして有望と感じるのは、細部を朗々と話せる人。
こだわり、粘り強さを持っている人。
真剣に取り組み、結果にこだわってやっている人。

確かに、このような人が会社では活躍している。


TOPへ

スポンサーサイト

就職後の心得 

就職後、業種によらず仕事をする上で気をつけること。
それは嘘をつかないことだ。

経験上、仕事をしている中で「この人は嘘をついている」と感じる場合はあるし、
嘘であることの裏がとれることもある。

嘘をつくとすぐにばれる。
そして、その嘘が大きなトラブルにつながることもある。

今読んでいる本、ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)で、著者の一人の佐藤氏が紹介しているエピソードがある。

そのエピソードの要約すると
・優等生ほど嘘をつく
・FAXを送信する指示を出し、送信し忘れている場合を見計らって、FAXを送信したかと聞いてみると、9割が打ちましたと嘘をつく(その後、すぐにFAXすれば済むと思っている)

嘘はばれるものである。
先輩や上司は、経験をつんでる分、ごまかしは効かない。
失敗や作業のし忘れがあった場合には、正直に話すこと。
それが最も賢明な対応であり、信頼関係の構築につながるのである。


TOPへ

製薬企業に就職する前に 

製薬企業に就職を検討している方へ。

なぜ就職を希望しているのでしょうか。
大学もしくは大学院での専門課程が薬学であったから、給料がよさそうだから、などの理由の方もいるかと思います。

でも、せっかく製薬企業に就職を希望するのであれば、モチベーションを持ちたいものです。
モチベーションを高めるための方法の一つが、実際に製薬企業で働いていて、やりがいを感じている人の話を聞くこと。これが最も効果的です。

とはいっても、そんな人は近くにいないという人も多いはず。
そのような方が製薬企業に就職するためのモチベーションを高めるのはどうしたらよいか。
それは本を読むことだと思います。

製薬企業に関する本を読む。
できれば、サクセスストーリーの本がよいでしょう。
それも日本初の薬の開発に関するものが身近でよいかと思います。
たとえば、スタチンに関する本。

新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む (岩波科学ライブラリー)
自然からの贈りもの―史上最大の新薬誕生

あるいは、アリセプトでもよいでしょう。
奇跡の新薬開発プロジェクト (講談社プラスアルファ新書)

とにかく、読んで製薬企業に就職することによる意義を感じることだと思います。

他にも製薬企業で働く人が登場する小説を読むのもよいです。
その代表的なものが、古いものですが、ストロング・メディスン。
ストロング・メディスン


これを読んで、よりモチベーションを高めましょう。

そして、モチベーションが高まり、製薬企業への就職に対する決心がついた方。
その方には、製薬企業の裏の話にも触れて、製薬企業への就職に対する決心がゆらがないか確認するのも必要です。
その本がこちら。
ビッグ・ファーマ―製薬会社の真実

誇張され過ぎていると感じる部分もありますが、このような側面を知ることも大切です。


薬を作り、世に出すという仕事は、社会貢献度の高い、とても意義ある仕事だと思います。
より多くのモチベーションの高い人が、この業界に入り活躍されることを期待しています。




TOPへ

製薬企業の臨床開発職に就職活動している方へ 

就職活動の時期でしょうか。

薬学部の学生をはじめ製薬会社への就職を希望している方も多いと思います。
その中でもMRではなく、臨床開発職への就職を希望している方、臨床開発の仕事について、どれくらいご存知でしょうか。

臨床開発職といっても、治験薬の開発の計画を立てる人、治験のモニタリングをする人(モニター)、試験の計画書や報告書、申請資料などのドキュメントを作成する人(メディカルライター)、モニターが医療機関とのやり取りで作成・入手する資料のチェックやドキュメントのチェックをする人(QC担当者)、治験のデータを管理する人(DM担当者)、治験のデータを解析する人(解析担当者)、規定当局との対応をする人(薬事担当者)、有害事象・副作用の管理をする人(安全性担当者)などなど、様々な業務があります。

あらかじめモニターやメディカルライターなど、職種を限定して採用する場合も少なくありませんが、
入社後は、その他の業務に移動することも少なくありません。

これらの業務の内容について就職活動の時点でイメージを膨らませるにはどうすればよいのか?
それは、実際に働いている人に聞くことです。
大学のOBでもよいですし、友人の先輩など、手当たり次第聞ける人に聞いてみるのがよいでしょう。

また、話を聞く際には、事前に臨床開発に関する知識を仕入れておくとよいです。
(そのための参考書は、右カラムに紹介しています)

また、参考書を買うことに抵抗のある方は、医師会が出している「臨床試験のABC」という資料を読むとよいです。

臨床試験についてよくまとまっており、この資料を目を通しているかいないかで、臨床開発職の人と話の盛り上がり方が大きく違うことは間違いありません。
http://www.med.or.jp/cme/jjma/newmag/13501r/pdf/13501r001.pdf

就職活動がうまく行くことをお祈りしています!


TOPへ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。