へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

英語が話せるようになる 

昨日の続き。
英語について。


英語が出来なければ仕事はなくなる。
英語が出来ないと損することに気づかない人は脱落していく。

小さい労力で最大限の結果を出す英語勉強。
3ヶ月で話せるようになる。
長い間勉強して話せないのは、勉強の仕方が間違っているのである。

言葉の学習は、何歳からでもできる。
むしろ年をとっている方が連想力があり有利。

上達する方法。
それは、間違ったら恥ずかしいという「メンタルブロック」を外すこと。

これ以上、英語の勉強で回り道してどうする!


勉強法


何のために英語を勉強するのか目的をもつ。

単語は数を増やせばよいのでなく、どんな単語を覚えるかで効果は違ってくる。

成功する秘訣。
それは、偏った英語である。

使用頻度の高い単語100個、言い回し100個完璧に覚える。
これで、話せるようになる。

他に、きっかけ語や相槌語なども覚えると会話が出来るようになる。
あとは自己紹介の内容を充実させること。

学ぶのは、寝る前と朝がよい。
寝ている間に記憶が定着する。



TOPへ

スポンサーサイト

「できる人間」を目指すなら・・ 

「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう

を読んだ。





本の帯には、本書は、本田直行氏の長年の経験と読書から得た知識の結晶であると紹介されている。
なるほど、これまで本田氏の本を何冊か読んでいたが、その内容をストーリー仕立てに仕上げたものである。

読んでまず感じたのは、夢をかなえるゾウによく似ている(真似?)なあということ。

と言っても、気軽に本田氏が主張していることがわかるので、おすすめだ。

使える英語を効率的に勉強したいひとには特におすすめ。
本書を読んで感銘をうけたなら、レバレッジ英語勉強法を読むとよいでしょう。

僕もレバレッジ英語勉強法を読みなおし、今の英語の学習法を見直すことにします。

TOPへ

インプットの時間を確保しよう 

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 9/15号 [雑誌]で、北島康介のコーチをしていた平井伯昌の記事が好きである。

この号(もしかしたら、その前だったかもしれないが)では、競馬の騎手の岡部 幸雄の著作勝負勘 (角川oneテーマ21)を紹介しつつ、

・プロスポーツの世界でもジュニア時代がピークでその後は伸び悩み無名で終わる選手がいる。
・アウトプットしっ放しでは成長が止まってしまう。
・大切なのは人生のピークをどこに設定するか。そのためには、ピークを見据え、インプットの時間を定期的に確保する必要がある。

といったことを述べている記事を読んで、インプットの時間を取ろうと、気持ちを締め直したのでした。




TOPへ

バネをもらってジャンプアップする 

DIME(ダイム)の中村俊輔の記事を読み刺激を受ける。
【愛読ポイント2倍】DIME (ダイム) 2009年 9/15号 [雑誌]

中村は今季、スペインリーグのエスパニョールに移籍。
エスパニョールはスペインリーグで上位争いをしているチームで、これまで中村が在籍していたチームに比べよりレベルが高い。そのようなリーグで中村は活躍できるのだろうかと気になるところだが、記事に掲載されている中村のコメントは引用すると

もし、エスパニョールで先発から外れたら、ワールドカップのメンバー入りも難しいかもしれない。でもたとえワールドカップに出られなくても、そこでガクッと落ちることはない。メンバーに入れず「だめじゃないか」と言われても、そこで壁に当たって砕けた事実は大きい。よりいいバネをもらえたということだから。それは、ジャンプアップできるチャンスになる。

結果が大切だという人もいるだろうし、結果で評価されるというのも事実だろうけど、結果よりもその過程が重要だと思う。「なぜ結果がでないのだろうか」と考えること。その時はうまくいかなくても、もがいた時間は決して無駄じゃないから。



とのことである。


結果よりも過程が重要であり、壁にあたることでバネをもらいジャンプアップする。


僕も壁にあたることをおそれず、バネを得てジャンプアップするように心掛けたいと思う。


ちなみに、中村はサッカーを始めた頃から今に至るまで、サッカーにまつわるノートをつけてきたという。そのノートには試合の結果やミーティングの内容、監督の言葉や反省点に加えて、短期、中期、長期の目標がかかれているとのことである。そのノートの内容を以下の本で公開しているとのことであった。そのうち読んでみようと思う。
夢をかなえるサッカーノートamazon
夢をかなえるサッカーノート楽天



最後に、この記事で最も共感したところを引用する。

他人の評価よりも自己評価に重きを置く







TOPへ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。