へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

インフルエンザの予防接種と集団免疫 

昨日の続き。

もう一方の以下の論文では、小学校の児童に対するワクチン接種の、家庭や地域社会でのインフルエンザの蔓延を抑えるため効果を評価している。

●学校におけるインフルエンザワクチン接種 (School-Based Influenza Vaccination

概略(引用)

この研究では,いくつかの介入校の児童にワクチンを接種し,これらの児童がいる家庭におけるインフルエンザ様疾患の発生率を,対照校の児童がいる家庭と比較した.

介入校の家庭では,対照校の家庭と比べて,インフルエンザ活動性がピークになると予想される週に,インフルエンザ様症状(発熱に加え咳または咽頭痛)を呈する家族,児童の医療機関受診,小中高生の学校欠席,成人の会社欠勤など,インフルエンザ様疾患に関連する転帰が有意に少なかった.



このように、小学校の児童をワクチン接種のターゲットとしているのは理由がある。

NEJMのエディトリアルの中では、以下のようなコメントがある。

Herd immunity is an attractive concept, particularly because it could extend protection to certain highly vulnerable groups — especially the very young and the elderly — who often do not have an adequately protective immune response to immunization.



Herd immunityとは、日本語では”集団免疫”と略されるもので、簡単に言うと、ある集団としての免疫(集団の中で感染患者がいても、集団の中で伝染がブロックされる)のことを意味する。

上記の引用文にもあるが、集団免疫の概念は、感染症の伝染を未然に防ぐというだけでなく、感染症に対して弱い集団(子供や老人などの免疫力が弱く伝染しやすい集団)を守るという意味でも重要である。

感染症の流行のメカニズムについては、How to Make クリニカル・エビデンスに詳しいので、興味のある方は参考にしてください。

スポンサーサイト

TOPへ

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/101-9cda5f2a
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。