へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

プラセボ効果と服薬遵守 

昨日の記事で、プラセボ効果に触れたので、少し前に読んだプラセボ効果に関連する論文を紹介しようかと思う。

紹介するのは、BMJの以下の論文。
全文がフリーで読めます。さすがBMJ)

A meta-analysis of the association between adherence to drug therapy and mortality
BMJ 2006;333:15 (1 July)

服薬遵守と死亡率の関係をメタ・アナリシス(いつくかの試験をまとめて解析する方法。メタ・アナリシスについては、参考書メタ・アナリシス入門―エビデンスの統合をめざす統計手法が詳しい)によって評価されている。

結果は、服薬を遵守すると、遵守していないヒトに比べて死亡率が低いというものであった(ただし、有害な薬剤では、服薬遵守によって死亡率が高くなる)。

この結果は、当然のように感じられるかもしれないが、この論文で面白かったところは、たとえ服薬しているものがプラセボであっても、服薬遵守によって死亡率が下がる成績が得られたことだ。まさに、プラセボ効果である。

ただし、この成績を解釈する際は、いろいろ注意すべき点がある。
考察でも述べられているが、プラセボの服薬を遵守できる人は
他の治療薬の遵守もよかったり、自分の健康維持に対して積極的である可能性が考えられる。単純に、プラセボを飲めば死亡率が下がる、というものではないかもしれない。しかし、だからと言って、プラセボ効果を否定するものではないかと思う。

プラセボの力を侮ってはいけないのだ。

スポンサーサイト

TOPへ

コメント
コメント、ありがとうございました!
「プラセボ効果」って病院で11年以上勤めていて最近、知りました。なんとなくは聞いたことありましたけど。治験って奥が深いですね。
こんにちは。ブログにコメントしていただき、ありがとうございました。
こんなに治験に関して詳しく記事を載せてあるブログを初めて見て驚きです。勉強になります。

プラセボ効果って、本当にすごいですよね!治験薬を飲んでいるというだけで、「調子が良い」と言われる患者様が多くて。みんなに調子が良いと言われると、「半分はプラセボだよね??本当に調子が良いのかな?」と思うこともありました。

それでは、また来ます。
takaさん
コメントありがとうございます。
疾患にもよりますが、プラセボ効果が大きい働く場合もあるんです。不思議ですね。病気を治すことは、気持ちの持ち方が重要なのだと思います。是非、また遊びに来てください。

よつばさん
コメントありがとうございます。
CRCをされていると、プラセボ効果を実感されることがあるのでしょうね。
是非、また遊びに来てください。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/61-946e413b
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。