へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

驚くべき色の力 

色彩心理学をご存知であろうか。

気分転換に裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551という本を読んだのだが、その中に色に関する雑学がいくつか出てきた。

・お子様ランチにエビが入っている訳の理由のひとつ。・・色彩心理学では、子供が赤い色の食品を好むのは常識。

・高速道路の標識が緑地に白文字のわけ。・・色彩心理学では、この組み合わせが最も読み取りやすいとされている。

・黒い箱は、軽くても重く感じる。・・・色彩学者L・チェンキンスが次のような報告をしている。ある工場で製品を黒い箱に入れて貨物で運ばせるという作業をしていたところ、午後になると労働者の多くが疲労と身体の変調などの苦情を訴えた。そこで、、箱の色をライト・グリーンに塗り替えたところ、苦情はなくなり労働力もぐっとアップしたという。



これらを知って、色の効果というものに興味を惹かれた。

色彩心理学というのをネットで調べてみると、どうやら新しい分野(2003年に創設)のようである。

そして色彩心理学に関して検索していくと、以下のようなデータを紹介しているページを多く見つけた。それは、

「白よりも黒の方が1.87倍も重く感じる」

という実験データの紹介である。
(その中でも詳しかったページはこちら

このようなデータを見ると、どうしても、そのデータは信じられるものであるのか気になってしまう。何人くらいのデータなのか、箱をもつ順番はランダムなのか、実験に参加した人に事前知識(先入観)はなかったか、バラツキはどの程度なのか、などである。

しかし、このデータの発生源を見つけることができなかった。気になるところだ。

もし、この実験の詳細を知っている方がいましたら、是非、教えてください。

スポンサーサイト

TOPへ

コメント
d
http://blog.cabrain.net/press/
kumagai@cabrain.co.jp
株式会社キャリアブレイン
メルマガ誤配信に関する経緯調査状況と今後の対応について
 平成18年10月12日、当社の配信するメルマガ『最新医療ニュース』において、
メルマガの配信先リストを添付して配信する事態が発生いたしました。
10月12日付当社ホームページ上のリリース『メルマガ誤配信に関するお詫びとご報告』
にて、お詫びと状況のご報告をさせていただきましたが、
本件に関しまして改めて発生原因と今後の対応についてご報告をさせていただきます。
1.発生原因
 当社で使用しておりますメールの一斉同報ソフトの操作ミスによるものです。
誤って送付リストを添付ファイルに設定しておりました。
また、メールの送付前には送付内容のチェックを行っておりますが、
チェックを行った際に誤った添付ファイルが設定されていることの確認が漏れておりました。
 以上のように、今回発生しました誤配信は人為的なミスによるものであり、
ウイルス感染や不正な手段による盗難等ではございません。
2.ご迷惑をおかけしたお客様への対応
 当社の発信するメルマガ『最新医療ニュース』のご購読をいただいているお客様は、
多くの方がメルマガのご購読のためにご登録をされていらっしゃるため、
メールアドレス以外の連絡先がないことから、
メールによるご報告とお詫びを差し上げております。















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/73-2c8dbf3e
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。