へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

ミスを隠さない 

ブラック・ジャックになりたい君へを読んだ。著者は、最近メディアでよく目にする南淵明宏。年間200例の心臓バイパス手術を執刀する名医だ。

本書は医者、特に外科医に向けて書かれた本であるが、医者と仕事で接する機会が少なくない僕にとっては、とても興味惹かれる内容であると同時に、本書から仕事に対する意識という面で前向きな刺激を多く得ることができた。

例えば、以下のようフレーズが出てくる。

「才能を認めてくれる人がいて、場を与えてもらえれば、人間は大きく飛躍できる」

「最高レベルを目指して一つ一つ仕事をこなすこと。最高レベルの技術とはどんなものかを知って、そこを目指すべき」

「成長のためには、達成感の大きさと落ち込みの強さの両方が必要」

「自分の実力を他人の前にさらけ出し、恥をかきながら、そしてアドバイスを受けながら、腕を上げていける」

「どんなことからでも学べるし、どんなことでも参考になる」

「師匠と呼べる先生を多く持つことができれば、様々なよい部分を吸収できる。あくまでも、直接会って、その人のオーラを感じることが何よりも大切だ」



心に留めて、実践したいと思う。


さて、本書を読んで新鮮だったのは、「ライブ・デモンストレーション手術」である。

実際の手術の様子を、多くの人が集まる学会会場にて生中継し、会場のコメンテーターとやりとりしながら手術をするというものだ。

上記の「自分の実力を他人の前にさらけ出し、恥をかきながら、そしてアドバイスを受けながら、腕を上げていける」場として紹介されているが、人の命がかかっている手術においては、その緊張感はすさまじいものであろう。

著者は、ライブ・デモンストレーション手術でなくても、全ての手術を録画し、そのビデオを手術後に患者さんに渡しているという。この場合も、自分がミスした際は確実に記録されるという緊張感はすさまじいものではないかと思われる。

本書を読んで、自分の仕事と振り返ってみた。
自分の失敗が人命を左右する仕事ではないので、緊張感については単純に比較できるものではないと思うが、「自分のミスが確実に記録される」という環境ではないことは確かだ。作ろうと思えば、どこかで逃げ道を作ることができ、そのような甘えが自分の中にないとは言えないと思う。

ミスを隠さない

ということを心がけたいと思う。
スポンサーサイト

TOPへ

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/82-4d443000
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。