へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

エリスロポエチンに潜む影 

11月16日号のNEJMで、エリスロポエチンに関する以下の2つの論文が掲載されている。

アブストラクト

Normalization of Hemoglobin Level in Patients with Chronic Kidney Disease and Anemia(CREATE試験)

Correction of Anemia with Epoetin Alfa in Chronic Kidney Disease(CHOIR試験)

(ちなみに日本語のアブストラクトは、南江堂のHPに掲載されている)

エリスロポエチンは、主に腎臓で生成される糖蛋白質で、骨髄に作用して赤血球の産生を促進するホルモンである。主に腎臓で生産されるため、腎疾患にて不足することになる。

そこで、腎性貧血には、遺伝子組換えによるエリスポエチン製剤が広く用いられている(エリスロポエチン製剤によって、ある製薬会社が巨額の利益を得た話は、過去に本ブログで紹介した本であるビッグファーマに出てくる)。

これら2つの論文では、エリスロポエチン製剤による貧血の治療における効果を評価したものであるが、いずれの試験でも、貧血改善の指標であるヘモグロビン量の目標値を高く(正常域)設定する群と、それよりも低く(正常域よりも下)設定する群の2群で比較している。

結果は、特にCHOIR 試験でインパクトあるものであった。
ヘモグロビン量の目標値を高く設定した群の有害性(心血管イベントのリスクの増大)が認められたのである。CREATE試験でも、試験全体としては特に差はなかったが、ヘモグロビン量の目標値を高く設定した群の方が高血圧発作と頭痛の発現がより多かったとまとめられている。

これらの論文に興味を惹かれていたところ、m3.comでも関連ニュースが取り上げられていた。

以下、抜粋記事

【11月20日】米国食品医薬品局(FDA)は、エリスロポエチン刺激薬(ESA)治療を受けている患者におけるヘモグロビン濃度の正常化に伴って、深刻かつ生命の危険がある心血管系(CV)合併症のリスクが有意に増大するという警告を、医療従事者に向けて出した。この警告は、FDAの安全性情報・有害事象報告プログラムであるMedWatchから金曜日に出された。

FDAからも警告が出されており、やはりインパクト大きいものだったのだ。これら2報の論文を腰を据えて読んでみようかと思う。

ちなみに、エリスロポエチンについてネットで検索すると目にすると思うが、エリスロポエチンがドーピングに使用されているという問題がある。エリスロポエチンによって赤血球数を増加させることにより持久力を高めることが目的とされている。

今回の試験の結果をもって、ドーピングの危険性についても再認識されることを願う。
スポンサーサイト

TOPへ

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/95-5c4abc70
エリスロポエチンのマメ知識
エリスロポエチンエリスロポエチン(erythropoietin;EPO)とは、赤血球の産生を促進するホルモンで、主に腎臓で生成される。血液中のエリスロポエチンは、貧血、赤血球増加症などの鑑別診断に用いられる。医薬品としては、エポエチンアルファ(商品名エスポー)、エポエチン
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。