へい太郎の世界

医学・薬・臨床試験・読書・子育てなどについて更新中
 
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
治験の本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPへ

エビデンスを知ろう(診療ガイドラインへのアクセス) 

膨大な量の医学論文が日々公表されている。

システマティック・レビュー―エビデンスをまとめてつたえる(こちらもおすすめの参考書)によると、毎年200万を超える論文が2万以上の生物医学系の雑誌に公表されているとのことである。

あまりの膨大な量にイメージしにくいが、システマティック・レビュー―エビデンスをまとめてつたえるの中で、例として、1992年にBMJとNEJMで合せて1100の論文(約4400ページ)が報告されていることから200万の論文を積み重ねた場合を推測すると、およそ500メートルの高さになると説明されている。

毎年、500メートルの高さの論文とは、ものすごい量である。
東京タワーの高さは333メートルであるので、それ以上の高さを論文が積み重なる姿を想像するとインパクトあるであろう。
(ちなみに、2011年に開業予定の新東京タワーの高さは、610メートルで、電波塔としては世界一となる予定)

これまで出されている医学論文の数は、どれほどのものか(何メートルになるのか)わからないが、こうなると必要な論文を効率よく見つけるということが、いかに重要であるかということを感じる。また、近年はEBMの時代であるので、さらにはエビデンスとして有用な論文を見つけ、アクセスすることが必要なスキルとなってくる。

エビデンスのレベルは、以前「エビデンスの強さ」と「試験の方法」という記事で説明したとおり、そのデータの得られ方(試験の方法)に依存するが、エビデンスの少ない領域では、レベルとして低いものであっても、それはそれで有用な情報となる。

さて、前置きが長くなったが、今回の本題である。
注目する領域のエビデンスに効率よくアクセスする方法は、まずはその領域の診療ガイドラインを読むことである。

日々エビデンスは作られていくので、特に診療ガイドラインが古いものであると、必ずしも現状を現しているものではなくなるが、少なくとも作成時点までのエビデンスは整理されているものである。

まず診療ガイドラインに目を通した後で、ガイドライン作成後に新たにエビデンスが出されているのか論文を探すと効率的であると思う。

そして、今回おすすめしたいホームページはMinds
無料で利用できるので、ここから日本の各領域の診療ガイドラインにアクセスできる。

是非ご利用してみてください。

スポンサーサイト

TOPへ

コメント
参考にしてます
へい太郎さん、おはようございます。私も、最近、Mindsをよく使わせていただいています。医療者しかアクセスできない医療情報サイトもよくあるので、誰でもアクセスできるこういうサイトは非常に助かります。これからも、いろいろな情報、よろしくお願いします。
(医療と市民の橋渡し的存在になりたいと思うライターより)
medwriterさん
お久しぶりです。
Mindsは、医療従事者だけでなく、一般の人への情報としても有用ですね。解りやすくいろいろ参考になります。
また、レビューとして新しいのもが多いのも魅力的です。
今後もコメントお願いします!














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://heitaroworld.blog44.fc2.com/tb.php/97-9f5c1b1c
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
臨床試験の教科書
★モニターになる方へ
↓海外治験のモニタリングの参考書ですが、十分勉強になります
- 臨床試験モニタリングガイドブック
↓まず基礎という方はこちらから
- GCP治験とモニタリングの基礎知識
↓カルテの見方を知ろう
- 直接閲覧に必要なカルテの見方―日本医科大学公開講座
- カルテの読み方と基礎知識―Patient profile理解のための

★CRCの業務を学ぶ方へ
↓想定事例が豊富で、参考になること間違いなし。ただし、治験依頼者とは見解が異なる部分もあるかも。
- CRCのための治験110番Q&A〈2006〉
↓業務内容を知りたい方へ
- CRCのための治験業務マニュアル
- CRCのための治験支援業務ガイド
↓業務内容の他に病院ごとの研修制度もわかります
- 医薬品の臨床試験とCRC―これからの創薬と育薬のために

★CRCの認定試験を受ける方へ
↓どちらも試験対策の参考になります
- 新GCP準拠 医療機関の治験実務―CRC・治験従事者教育マニュアル
- 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠 CRCテキストブック


★統計解析を勉強したい方へ
↓統計解析に触れるための導入編としてお薦め!
- 統計学のセンス―デザインする視点・データを見る目
- バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論
- 学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

↓どちらも基礎から本格的に統計解析を勉強したい人におすすめ!良書です
- 医学研究における実用統計学
- 医学研究のための統計的方法

★データマネージャーを目指す方へ
- 臨床試験データマネジメント―データ管理の役割と重要性

★メディカルライターを目指す方へ
↓名著!初心者の方はまずこちらから
- 理科系の作文技術
↓この2冊は英語ですが、手元に置いておく価値はあります
- How to Report Statistics in Medicine: Annotated Guidelines for Authors, Editors, and Reviewers (Medical Writing and Communication)
- American Medical Association Manual of Style: A Guide for Authors and Editors (American Medical Association Manual of Style)
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。